サポート support

トップ > サポート > サポートマニュアル > 証明書発行までのプロセス(SecureCore EV SSL)

サポートマニュアル

証明書発行までのプロセス(SecureCore EV SSL)

下記手順に沿って進めてください。

SecureCore EV SSL
  1. 事前準備
    • DUNSナンバーの登録・確認
    • 英文商号の記載がある定款と印鑑証明書の取得、もしくは弁護士意見書の取得

      ■英文商号の記載がある定款と印鑑証明書の場合

      以下のものをご準備ください。

      ■ご準備いただくもの
      ・英文商号の記載がある最新の定款(全文)原本
      ・原本証明
      定款原本の最終ページの余白に、原本証明を記載してください。

      【原本証明の記載例】
      この定款の写しは、原本と相違ないことを証明します。
      2018年xx月xx日 (原本証明作成日 : 3ヶ月以内)
      東京都xxxx区xxxxxx (登記上の住所)
      株式会社xxxxxx (登記上の組織・会社名)
      代表取締役xxxxxx 印 (印鑑証明書の代表者名・登録印)

      ・原本証明で押印した代表者印の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)

      定款に英文商号の記載がない場合は、変更の手続きを行う必要があります。

      定款の変更手続きについて

      定款の変更箇所が英文商号の追加のみの場合は、登記事項に該当せず、法務局宛て、変更登記の手続きも公証人による認証も不要です。

      ■弁護士意見書の場合

      以下のものをご準備ください。

      ■ご準備いただくもの
      ・弁護士が作成した意見書
      弁護士意見書の取得方法について
    • CSRの作成
    • 承認用メールアドレスの作成

      …承認用メールアドレスにて、承認確認メールが受信できるようサーバー設定を行ってください。
      形式は、 admin@(申請するドメイン名)となります。

  2. 証明書の新規取得お申し込み、もしくは更新申請

    メンバー管理ツールの「SSLボックス管理」上から、「新規取得」もしくは「更新」の申請を行ってください。

    SSLボックス管理

    ※ネットオウルプリペイドが必要となります。
    事前に必要なプリペイドが補充されているかご確認ください。

    SSLボックス管理ログイン

    詳細な手続き方法は、以下をご参照ください。

  3. オンライン審査

    お申し込み後、弊社より「お申し込み完了メール」をお送りいたしますので、ご確認ください。

    また、セキュアコアより「承認確認メール」が届きますので、以下の手順に沿って承認を行ってください。

    1. セキュアコアより届く「承認確認メール」において、内容をご確認の上、記載されているURLをクリックしてください。

    2. URLをクリックすると、セキュアコア(EV SSL)の承認用画面へ移動しますので、「承認確認メール」に記載された"validation code"を入力し、「Next」をクリックしてください。

      ※必ず、承認確認メール送信後1週間以内に承認を行ってください!

      セキュアコアの申請承認画面
  4. 身元確認

    コモド社によって事前に登録したDUNSナンバーを元に申請会社の身元確認が行われます。
    確認される項目は以下の項目になります。

    • ■会社名
      登録の英語会社名
    • ■所在地
      登録の英語会社名
    • ■電話番号
      登録の電話番号
  5. 利用契約同意 / 申請責任者確認書の提出

    コモドより英文のメールが届きますので、以下の手順に沿って承認を行ってください。

    1. コモドより利用契約同意確認メール(件名:ORDER #XXXXXXXXX Agreement)が届きます。
      内容をご確認の上、問題がなければ"verification code"をコピーし、「Agreement Link」の文字列をクリックしてください。 セキュアコアの利用契約同意確認メール
    2. URLをクリックすると、セキュアコア(EV SSL)の同意画面へ移動しますので、コピーした"verification code"をペースト(貼り付け)し、「Next」をクリックしてください。 セキュアコアの同意画面
    3. 必要な項目を英文で入力し、「ACCEPT」をクリックしてください。 「ACCEPT」をクリック
    • ■First Name
      申請責任者(※1)の名前を入力してください (入力例:TARO)
    • ■Surname
      申請責任者(※1)の苗字を入力してください (入力例:YAMADA)
    • ■Email
      申請時のEメールアドレスが入力されています
    • ■Contact Phone No
      DUNSナンバーに登録した電話番号を入力してください
    • ■Job Title
      役職を入力してください

      【役職入力例】
      社長:President / 取締役:Company Director / 役員:Executive Officer /
      部長:General Manager / 課長:Manager / 係長:Chief / 主任:Foreman

  6. 英語表記会社名が記載された書類の提出

    コモドより届くメール「件名:Information Required Order *******」到着後、「手順1:事前準備」にてご準備いただいた英文商号の記載がある定款・印鑑証明書、もしくは弁護士意見書をPDFなどに電子化(スキャン)の上、専用メールアドレス「evdocs@securecore.co.jp」宛てにご提出ください。

    ■ご提出時のメールの件名・ファイル名について
    ご提出の際、添付ファイル名およびメールの件名を以下の通りとしてください。
    メールの件名
    • 定款と印鑑証明書の場合
      【会社名】定款・印鑑証明書の送付 Order #*******
    • 弁護士意見書の場合
      【会社名】弁護士意見書の送付 Order #*******
    添付ファイルの名称
    • 定款・・・document#*******.pdf
    • 印鑑証明書・・・seal#*******.pdf
    • 弁護士意見書・・・lawyer's_opinion#*******.pdf

    ※*******部分はオーダーナンバーとなります。オーダーナンバーは、ご登録のメールアドレス宛に届いている英文メールの件名に記載されているものです。(ex. 件名:Information Required Order XXXXXXXX)

  7. 電話確認

    コモド社より「申請責任者の在籍確認」と「SSL証明書の申請意思確認」のために、第三者データベースで確認できる電話番号宛てに確認の電話があります。

    ■DUNSナンバーで確認できた番号宛ての電話
    申請責任者のお名前をお伝えし、電話の転送を依頼します。
    転送が不可能な場合は、申請責任者の電話番号を伺い改めて連絡します。

    ■電話確認の内容
    • SSL証明書の申請意思確認(コモンネーム・追加ドメイン・申請SSLサーバ証明書名)
    • 申請企業の確認
      英語表記会社名と所在地(申請情報と同じである必要があります)
    • 申請責任者の正社員確認
      役職(申請情報と同じである必要があります)
    • 技術担当者の会社名・メールアドレスの確認(確認されないこともあります)
    • 利用規約同意書への署名確認

      英語による電話確認が行われる場合があります。その場合、日本語希望とお伝えください。
      例)I would like to call me from Japanese staff.

  8. 証明書の発行

    審査に承認された後、証明書が発行され、メールにてお客様に送付されます。

  9. 証明書のインストール

    以下のマニュアルをご参照の上、SSL証明書をサーバーへインストールしてください。

    ※必ずキーペア(秘密鍵・証明書)のバックアップを取るようにしてください。

一覧に戻る

サポート

お申し込みについて

まだ会員登録がお済みでない方
すでにネットオウル会員の方
  • お申し込みの流れ
  • お支払いについて
  • SSLについて
セキュアコア正規販売パートナー
ジオトラスト正規販売パートナー

SSLボックスは、セキュアコア社と
ジオトラスト社の正規販売代理店です。

  • ネットオウルポイントとは
掲示板でポイントゲット!

Q&A掲示板を利用して、ネットオウルポイントを貯めよう!

  • Q&A掲示板とは?