サポート support

サポートマニュアル

Microsoft IIS 5.0&6.0によるCSR作成手順(更新)

本マニュアルでは、以下の情報でCSR作成を行うものとして進めます。

コモンネーム www.example.com
CSRのファイル名 wwwexamplecom.csr
CSRの出力ディレクトリ c:\wwwexamplecom.csr

それでは、以下の手順に沿ってCSR作成を進めてください。

更新時におけるCSR作成については、新規取得時とは若干手順が異なりますので、ご注意ください。
通常のCSR作成手順に入る前に、更新申請のための「一時的な作業用Webサイト」を作成します。

  1. IISマネージャを起動します。

    「管理ツール」→「インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ」をクリックします。

  2. Webサイト新規作成ウィザードを開きます

    ツリー表示のコンピュータ名の上で、「右クリック」→「新規作成」→「Webサイト」をクリックします。

  3. 一時的な作業用Webサイトの情報を入力します

    このWebサイトを稼動させることはありませんので、各項目とも任意のものを入力します。

    Webサイトの説明 任意の説明文
    IPアドレスとポート番号 ポート重複を避けるため、必ず使用していないポート番号を指定すること
    ホームディレクトリパス 任意のディレクトリを指定
    アクセス許可 そのまま「次へ」をクリック

    作成完了の画面が表示され、「一時的な作業用Webサイト」の作成完了です。

  4. CSRを作成します。

    識別名を順に入力していきます。
    入力ミスがありますと、誤った情報のまま証明書が発行され、変更等が出来なくなりますのでご注意ください。

    項目などの詳細は、「識別名について」の項目をご参照ください。

  5. 作成するCSRの出力パスとファイル名を入力します

    先ほど作成した作業用Webサイトを用いて、CSRの作成を行います。
    作成した作業用Webサイトの上で「右クリック」→「プロパティ」を開きます。
    「Webサイトのプロパティ」が表示されたら、「ディレクトリセキュリティ」タブ内、「セキュリティで保護された通信」内「サーバー証明書」をクリックします。

    あとの手順は新規取得時のCSR作成手順と同様です。
    新規取得時の手順3.以降をご参考の上、作成作業を進めてください。

※更新時に入力する識別名は、更新対象となる証明書の識別名と「完全に」一致する必要があります。

※CSR作成後も、「一時的な作業用Webサイト」は、証明書インストールに使用しますので、削除しないでください。

■IIS5.0及び6.0での、キーペア(秘密鍵・公開鍵)のバックアップについて

IIS5.0と6.0では、取得したサーバーIDをインストールするまでは、キーペアをバックアップできないようになっています。
サーバーID申請中に「保留中の要求(キーペア情報)」に変更を加えないよう注意してください。

証明書のインストール終了後の、バックアップ方法については、こちらをご参照ください。

一覧に戻る

サポート

お申し込みについて

まだ会員登録がお済みでない方
すでにネットオウル会員の方
  • お申し込みの流れ
  • お支払いについて
  • SSLについて
セキュアコア正規販売パートナー
ジオトラスト正規販売パートナー

SSLボックスは、セキュアコア社と
ジオトラスト社の正規販売代理店です。

  • 2014年11月13日掲載(2014年12月17日更新)

  • ネットオウルポイントとは
掲示板でポイントゲット!

Q&A掲示板を利用して、ネットオウルポイントを貯めよう!

  • Q&A掲示板とは?