サポート support

サポートマニュアル

Microsoft IIS 5.0&6.0によるCSR作成手順(新規)

本マニュアルでは、以下の情報でCSR作成を行うものとして進めます。

コモンネーム www.example.com
CSRのファイル名 wwwexamplecom.csr
CSRの出力ディレクトリ c:\wwwexamplecom.csr

それでは、以下の手順に沿ってCSR作成を進めてください。

  1. IISマネージャを起動します。

    「管理ツール」→「インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ」をクリックします。

  2. サーバー証明書ウィザードを開きます

    証明書をインストールする「Webサイト」をクリック(選択)し、「右クリック」→「プロパティ」を開きます。 「Webサイトのプロパティ」が表示されたら、「ディレクトリセキュリティ」タブ内、「セキュリティで保護された通信」内「サーバー証明書」をクリックします。

  3. ウィザードの案内に沿って、記載項目を入力します

    証明書の新規作成」を選択し、「次へ」をクリックします。

    証明書の要求を作成して後で送信する」を選択し、「次へ」をクリックします。
    証明書の名前」と「鍵長」入力画面が表示されます。

    名前 証明書の名前です。任意のものを入力してください。
    鍵長 2048bit/1024bitを選択してください。
    ■鍵長について
    2048bitの鍵長で作成を行ってください。
    ただし、一部の携帯端末においては、2048bitの鍵長に対応していないものもありますのでご注意ください。
    携帯端末の仕様詳細については、各携帯電話会社へお問い合わせください。
  4. 識別名(ディスティングイッシュネーム)を入力します

    識別名を順に入力していきます。
    入力ミスがありますと、誤った情報のまま証明書が発行され、変更等が出来なくなりますのでご注意ください。

    項目などの詳細は、「識別名について」の項目をご参照ください。

  5. 作成するCSRの出力パスとファイル名を入力します

    ファイル名の欄に、作成先の出力パスとファイル名を指定します。

    例)c:\wwwexamplecom.csr

  6. CSRが作成されます

    入力した情報の一覧が表示されますので、内容をご確認いただき、問題が無ければ「次へ」をクリックします。
    ウィザードの完了画面が表示されれば、先ほど指定した出力先にCSRがテキストで作成されます。

■IIS5.0及び6.0での、キーペア(秘密鍵・公開鍵)のバックアップについて

IIS5.0と6.0では、取得したサーバーIDをインストールするまでは、キーペアをバックアップできないようになっています。
サーバーID申請中に「保留中の要求(キーペア情報)」に変更を加えないよう注意してください。

証明書のインストール終了後の、バックアップ方法については、こちらをご参照ください。

一覧に戻る

サポート

お申し込みについて

まだ会員登録がお済みでない方
すでにネットオウル会員の方
  • お申し込みの流れ
  • お支払いについて
  • SSLについて
セキュアコア正規販売パートナー
ジオトラスト正規販売パートナー

SSLボックスは、セキュアコア社と
ジオトラスト社の正規販売代理店です。

  • 2014年11月13日掲載(2014年12月17日更新)

  • ネットオウルポイントとは
掲示板でポイントゲット!

Q&A掲示板を利用して、ネットオウルポイントを貯めよう!

  • Q&A掲示板とは?