サポート support

サポートマニュアル

Microsoft IIS 8.X系によるCSR作成手順

本マニュアルでは、以下の情報でCSR作成を行うものとして進めます。

コモンネーム www.example.com
CSRのファイル名 csr2012.txt
CSRの出力ディレクトリ c:\csr2012.txt

それでは、以下の手順に沿ってCSR作成を進めてください。

  1. 管理メニューよりIISマネージャ8.0もしくは8.5を起動します

    IIS8.0/8.5起動後、 「機能ビュー」より「サーバ証明書」をダブルクリックします。

  2. 右側の「操作」メニューより「証明書の要求の作成...」をクリックします
  3. 識別名(ディスティングイッシュネーム)を入力します

    下記の項目を入力し、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

    項目名 入力内容 入力例
    一般名(M) ウェブサイトのFQDNを入力してください。
    サイトURLが「https://www.example.com/」の場合だと、 「www.example.com」と指定する必要があります。
    www.example.com
    組織(O) ウェブサイト運営組織の法律上の正式英文名称を登録してください。 Sample Inc.
    組織単位(OU)(U) ウェブサイト運営組織の部署名を登録をしてください。 Sales
    市区町村(L) ウェブサイト運営組織の市区町村名を登録してください。 Kyoto-City
    都道府県(S) ウェブサイト運営組織の都道府県名を登録してください。 Kyoto
    国/地域(R) 国を示す2文字のISO略語です。
    大文字で登録してください。
    JP

    ※登録の際は、半角英数文字で登録してください。
    全角2バイト文字(日本語)や記号・特殊文字( ? ! @ $ % ^ & * ( ) _ { } | : ” < > # )等は使用できません。

  4. 暗号化サービスプロバイダを指定する

    下記のようにサービスプロバイダとビット長を選択し、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

    項目名 選択内容
    暗号化サービスプロバイダ(S) Microsoft RSA Schannel Cyptographic Provider
    ビット長(B) 2048
  5. 作成するCSRの出力パスとファイル名を入力します

    ファイル名の欄に、作成先の出力パスとファイル名を指定します。

    例)c:\csr2012.txt

    完了画面が表示されれば、先ほど指定した出力先にCSRがテキストで作成されます。

一覧に戻る

サポート

お申し込みについて

まだ会員登録がお済みでない方
すでにネットオウル会員の方
  • お申し込みの流れ
  • お支払いについて
  • SSLについて
セキュアコア正規販売パートナー
ジオトラスト正規販売パートナー

SSLボックスは、セキュアコア社と
ジオトラスト社の正規販売代理店です。

  • 2014年11月13日掲載(2014年12月17日更新)

  • ネットオウルポイントとは
掲示板でポイントゲット!

Q&A掲示板を利用して、ネットオウルポイントを貯めよう!

  • Q&A掲示板とは?